「Helium」の版間の差分

提供: VyOS jp
移動: 案内検索
(ページの作成:「'''Helium''' will be the second release of VyOS. The version number is planned to be 1.1.0. = Description = Feature expansion and bugfix release following Hydrogen...」)
 
1行: 1行:
'''Helium''' will be the second release of VyOS. The version number is planned to be 1.1.0.
+
'''Helium''' VyOS の2番目のリリースです。 バージョン番号は 1.1.0 になる予定です。
  
 +
= 概要 =
  
= Description =
+
[[Hydrogen]] (1.0.0) の機能拡張及び、バグフィックス
  
Feature expansion and bugfix release following [[Hydrogen]] (1.0.0).
+
= 主目標 =
  
= Primary objectives =
+
* EdgeOS に含まれる機能を統合
 
+
* 最小限のリモート API を実装
* Integrate features from EdgeOS.
+
* Implement at least minimal remote API.
+
 
* Refactor and clean up legacy code.
 
* Refactor and clean up legacy code.
 +
* レガシーコードのリファクタリング及びクリーンアップ
  
 
= Roadmap =
 
= Roadmap =

2014年4月3日 (木) 13:25時点における版

Helium は VyOS の2番目のリリースです。 バージョン番号は 1.1.0 になる予定です。

概要

Hydrogen (1.0.0) の機能拡張及び、バグフィックス

主目標

  • EdgeOS に含まれる機能を統合
  • 最小限のリモート API を実装
  • Refactor and clean up legacy code.
  • レガシーコードのリファクタリング及びクリーンアップ

Roadmap

タスクの優先度:

優先度 意味
0 絶対に必要で、もし完了していなければ、リリースをブロックする
1 完了していることが非常に望ましく、次のリリースに延期されない方が良い
2 完了していることが望ましいが、次のリリースに延期することも可能
999 ベストエフォート


Task Priority Assignee Comments
Remote API initial implementation 0
Refactor and clean up the IPsec script 0
Safe hotfix delivery via update packs 1
Event handler 1
QinQ 1
PPPoE on pseudo-ethernet 2

Open issues

Full list: bugzilla search.