コンフィグレーションスクリプティング

提供: VyOS jp
2015年3月10日 (火) 02:46時点におけるHigebu (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

オペレーションとコンフィグレーションモードのコマンドをスクリプト内で使うことができます。

スクリプトヘッダー

#!/bin/vbash
source /opt/vyatta/etc/functions/script-template

スクリプトボディ

一度 source /opt/vyatta/etc/functions/script-template を実行すれば、 configure/set/delete/commit の全てのコマンドが使えます。オペレーションモードのコマンドも使えますが、普段の CLI と違い、コンフィグレーションセッションを開始していてもいなくても **常に** 先頭に "run" を付ける必要があります。

#!/bin/vbash
source /opt/vyatta/etc/functions/script-template

configure
set system host-name test1
commit

run show interfaces ethernet eth0