ミラー

提供: VyOS jp
2014年5月29日 (木) 01:31時点におけるHigebu (トーク | 投稿記録)による版

移動: 案内検索

VyOSは、複数のパッケージミラーをサポートしています。

プライマリサーバ

URL 設置場所 管理者 ホスティング
http://packages.vyos.net Amsterdam, the Netherlands SO3 Group

ロードバランサ

mirror.vyos.net は、へリクエストをミラーへランダムにリダイレクトします。 リダイレクト時はパスが保持されます。

例えばhttp://mirror.vyos.net/example.isoはhttp://ftp.example.com/software/vyos/example.isoといった様にリダイレクトされます。

Mirrors

Address Location Maintainer Hoster
http://mirrors.nixus.es/vyos Murcia, Spain Sebastien Crammate Nixus Networks
http://0.se.mirrors.vyos.net Sweden Alexander Normann Adminor
http://mirror.symnds.com/software/vyos USA (east coast) Brian Seitz
http://vyos.sliqua.com/ USA (Ashburn, VA) Alexander McMillen Sliqua Enterprise Hosting
http://apt-mirror.koding.com/vyos USA (San Jose), NL (Amsterdam). Anycast Geraint Jones Koding
http://0.us.mirrors.vyos.net/vyos USA (west coast) Danny ter Haar Fromport
http://0.uk.mirrors.vyos.net UK Daniil Baturin OpenITC
http://0.bg.mirrors.vyos.net Bulgaria Hristo Bogdanov
http://0.ua.mirrors.vyos.net Kiev, Ukraine Alexey Blinkov
http://mirrors.mediactivity.net/vyos/ Belgium Mickael Monsieur Mediactivity Telecom
http://ftp.qb.com.au/pub/vyos/ Australia (Brisbane) Paul Gear Queensland Baptists
http://vyos.uv.es Spain University of Valencia
http://0.de.mirrors.vyos.net Germany Nick Altmann
http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/software/vyos/ Tsukuba, Japan Kohei TAKAHASHI WIDE Project
http://mirror.zenflow.net.au/vyos/ Australia (Melbourne) Amiel Heyde ZenFlow Networks
http://mirror.zenflow.net/vyos/ USA (Texas) Amiel Heyde ZenFlow Networks
http://mirror.as62588.net/vyos/ USA (Michigan) Seamus Caveney anyNode

ミラーサーバの作り方

Rsyncは最適なミラーリングツールです。 cron.dailyに下記の様なスクリプトを配置します。

#!/bin/sh
rsync -avzh  --delete  rsync://packages.vyos.net/vyos ${target directory} > /var/log/vyos-rsync-`date +%Y-%m-%d`.log

実行権限を付与する事を忘れないで下さい。 スクリプト名を/etc/cron.daily/vyos-syncとした場合、下記の様に権限を付与します。

chmod +x /etc/cron.daily/vyos-sync

代替手段として、crontabに行を追記します。 スクリプト名を/usr/local/bin/vyos-syncとした場合、下記の様に追記します。

30 4 * * * /usr/local/bin/vyos-sync > /dev/null 2>&1

警告: "--delete" オプションは正常に動作させるために必要ですが(rsyncの"--delete"オプションは、元サーバからファイルが削除された場合、自分のサーバのファイルも削除します。パッケージリポジトリ維持のために重要なオプションです。)、 ディレクトリに中に、元サーバに無いデータがある場合、それらも削除されてしまいます。 Rsyncを実行する前に、ターゲットディレクトリ(target directory)が空であるか、重要なデータが含まれていないか等を確認してください。