「ミラー」の版間の差分

提供: VyOS jp
移動: 案内検索
22行: 22行:
 
[http://mirror.vyos.net mirror.vyos.net] は、へリクエストをミラーへランダムにリダイレクトします。
 
[http://mirror.vyos.net mirror.vyos.net] は、へリクエストをミラーへランダムにリダイレクトします。
 
リダイレクト時はパスが保持されます。
 
リダイレクト時はパスが保持されます。
 +
 
例えば<nowiki>http://mirror.vyos.net/example.iso</nowiki>は<nowiki>http://ftp.example.com/software/vyos/example.iso</nowiki>といった様にリダイレクトされます。
 
例えば<nowiki>http://mirror.vyos.net/example.iso</nowiki>は<nowiki>http://ftp.example.com/software/vyos/example.iso</nowiki>といった様にリダイレクトされます。
  
106行: 107行:
 
== ミラーサーバの作り方 ==
 
== ミラーサーバの作り方 ==
  
Rsync is the preferred mirroring tool. Put something like this in a cron.daily script:
+
Rsyncは最適なミラーリングツールです。
 +
'''cron.daily'''に下記の様なスクリプトを配置します。
 
<pre>
 
<pre>
 
#!/bin/sh
 
#!/bin/sh
112行: 114行:
 
</pre>
 
</pre>
  
Don't forget to make it executable with, assuming you named it /etc/cron.daily/vyos-sync:
+
実行権限を付与する事を忘れないで下さい。
 +
スクリプト名を'''/etc/cron.daily/vyos-sync'''とした場合、下記の様に権限を付与します。
 
<pre>
 
<pre>
 
chmod +x /etc/cron.daily/vyos-sync
 
chmod +x /etc/cron.daily/vyos-sync
 
</pre>
 
</pre>
  
The alternative is to add a line to crontab manually (assuming you named your script /usr/local/bin/vyos-sync):
+
代替手段として、crontabに行を追記します。
 +
スクリプト名を'''/usr/local/bin/vyos-sync'''とした場合、下記の様に追記します。
 
<pre>
 
<pre>
 
30 4 * * * /usr/local/bin/vyos-sync > /dev/null 2>&1
 
30 4 * * * /usr/local/bin/vyos-sync > /dev/null 2>&1
 
</pre>
 
</pre>
  
'''WARNING:''' "--delete" is required for proper operation (it tells rsync to delete files if they are deleted from the remote server, which is important for package repos), but if you have any data in the directory, '''it will be removed''' too. Make sure the target directory is empty or doesn't contain any valuable data before running it.
+
'''警告:''' "--delete" オプションは正常に動作させるために必要ですが(rsyncの"--delete"オプションは、元サーバからファイルが削除された場合、自分のサーバのファイルも削除するパッケージリポジトリ維持のために重要なオプション)、
 
+
ディレクトリに中に、元サーバに無いデータがある場合、それらも削除されてしまいます。
 +
Rsyncを実行する前に、ターゲットディレクトリ(target directory)が空であるか、重要なデータが含まれていないか等を確認してください。
  
 
[[Category: Infrastructure]]
 
[[Category: Infrastructure]]

2014年4月3日 (木) 23:46時点における版

VyOSは、複数のパッケージミラーをサポートしています。

プライマリサーバ

URL 設置場所 管理者 ホスティング
http://packages.vyos.net Amsterdam, the Netherlands SO3 Group

ロードバランサ

mirror.vyos.net は、へリクエストをミラーへランダムにリダイレクトします。 リダイレクト時はパスが保持されます。

例えばhttp://mirror.vyos.net/example.isoはhttp://ftp.example.com/software/vyos/example.isoといった様にリダイレクトされます。

ミラーサーバ

URL 設置場所 管理者 ホスティング
http://mirrors.nixus.es/vyos スペイン(ムルシア) Sebastien Crammate Nixus Networks
http://0.se.mirrors.vyos.net スウェーデン Alexander Normann Adminor
http://mirror.symnds.com/software/vyos アメリカ(東海岸) Brian Seitz
http://vyos.sliqua.com/ アメリカ(アッシュバーン、バージニア州) Alexander McMillen Sliqua Enterprise Hosting
http://apt-mirror.koding.com/vyos アメリカ(サンノゼ)、オランダ(アムステルダム)その他 Geraint Jones Koding
http://0.us.mirrors.vyos.net/vyos アメリカ(西海岸) Danny ter Haar Fromport
http://0.uk.mirrors.vyos.net イギリス
http://0.bg.mirrors.vyos.net ブルガリア Hristo Bogdanov
http://0.ua.mirrors.vyos.net ウクライナ(キエフ) Alexey Blinkov
http://mirrors.mediactivity.net/vyos/ ベルギー Mickael Monsieur Mediactivity Telecom
http://ftp.qb.com.au/pub/vyos/ オーストラリア Paul Gear Queensland Baptists
http://vyos.uv.es スペイン University of Valencia
http://0.de.mirrors.vyos.net ドイツ Nick Altmann
http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/software/vyos/ 日本(筑波) Kohei TAKAHASHI WIDE Project

ミラーサーバの作り方

Rsyncは最適なミラーリングツールです。 cron.dailyに下記の様なスクリプトを配置します。

#!/bin/sh
rsync -avzh  --delete  rsync://packages.vyos.net/vyos ${target directory} > /var/log/vyos-rsync-`date +%Y-%m-%d`.log

実行権限を付与する事を忘れないで下さい。 スクリプト名を/etc/cron.daily/vyos-syncとした場合、下記の様に権限を付与します。

chmod +x /etc/cron.daily/vyos-sync

代替手段として、crontabに行を追記します。 スクリプト名を/usr/local/bin/vyos-syncとした場合、下記の様に追記します。

30 4 * * * /usr/local/bin/vyos-sync > /dev/null 2>&1

警告: "--delete" オプションは正常に動作させるために必要ですが(rsyncの"--delete"オプションは、元サーバからファイルが削除された場合、自分のサーバのファイルも削除するパッケージリポジトリ維持のために重要なオプション)、 ディレクトリに中に、元サーバに無いデータがある場合、それらも削除されてしまいます。 Rsyncを実行する前に、ターゲットディレクトリ(target directory)が空であるか、重要なデータが含まれていないか等を確認してください。