プロジェクトの目標

提供: VyOS jp
移動: 案内検索

これは、プロジェクトの方向性について議論するための情報で、現時点のアイデアです。 Paulgear (talk) 2013年10月17日18時13分(ミシガン州ノバイ時間)

提供する価値

Debian社会契約は私達の取り組みの土台にあるものです。(Wikipedia:Debian社会契約

Brocade社は、(Vyatta社買収前と比較して)企業の利益を過剰に求めています。(詳細はWhat's wrong with Vyatta(英語)をお読みください。)

VyOSは、ユーザーに対して最後までフリーである必要があります。(Debian社会契約の第1項および第4項)

全体の目標

  1. プロジェクトの継続した発展をVyatta Coreユーザに対して、セキュリティアップデートを含めよりタイムリーに提供します。
  2. アップストリーム、特にDebianQuaggaとの関係強化を維持します。
  3. しばらくの間、Vyattaユーザを悩ましてきたいくつかの単純なバグについて対応を進めます。

技術的な目標

  1. Debianのリポジトリを使用出来る様にします。とりわけ安定のために、彼らのセキュリティアップデートを活用します。カスタマイズを必要としないパッケージの場合、直接Debianのリポジトリを使用しない理由は無いと考えています。
  2. 恐らく我々は、Debianリリースの仕組みと似たようなものに従うべきです。
    • 安定版:Debianの安定版を可能な限り追跡し、おそらく安定版リリース後もしばらくは旧安定版を提供し続けます。
    • 安定版 + バックポート:Debianの安定版に加えて、いくつかの重要なパッケージは最新のアップストリームリリースを追跡します。(例:Quagga)
    • 不安定版:自動構築ホストによって最新のパッケージを追跡します。バグを見つけるのが好きな人のために、定期的(週毎から月毎の間となるでしょう)にISOイメージをビルドして提供します。
  3. 私達は、コミュニティが修復した重要なバグに取り掛かる事が出来る様に、可能ならばVyattaのbugzillaのコピーを取得する必要があります。

ロードマップについての考え

初期

  1. Vyattaからビルドインフラを切り離します。
    • 全てのパッケージはGitHubのリポジトリから自動的に取得しビルドされます。
    • VyOS向けのバイナリリポジトリを作成します。
    • 定期的にISOビルドを制作します。

近い将来

  1. Debian squeeze から wheezy へビルドインフラとOSのコアをアップデートします。
    • 新しい安定版は wheezy をベースとして制作します。

今後の可能性

  • プロジェクトを応援したいと考えている方のために、サポートや機能拡張に対する支払いを受け取る仕組みを提供します。